女性

しつこい換気扇の汚れを掃除するなら強力洗剤で一撃

効率よくきれいにする

台所

キッチンの掃除の中で多くの方が大変だと感じているのが換気扇です。日頃の料理で使用している油がねっとりとついて落ちにくくなってしまっています。換気扇を掃除する時に気をつけることは、必ずゴム手袋などをして手を守ることです。分解して行うことがほとんどですが、分解している時に手を傷つける事があります。また洗剤を使用してきれいにしていきますが、なかなか汚れが落ちず何回も擦ったり洗い流したりを繰り返していると手荒れの原因になってしまいます。換気扇の掃除をする時は必ずゴム手袋などをして行った方が良いです。そして、分解している時に肘などがぶつかって突然動き出してしまうと危険なので、必ず掃除を始める前にコンセントを抜いておく必要があります。

換気扇の分解後は、市販されている洗剤などを使って汚れを落としていきます。洗剤をつけてこすってもこびりついてしまった黒く変色した油汚れはなかなか落ちないものです。そのような時は熱めのお湯に洗剤を溶かして、つけ置きをして置いた方がよいです。油汚れはこすってもなかなか落ちません。体力と時間がもったいないので、熱いお湯と洗剤の力で溶かしてしまうのがおすすめです。換気扇を掃除する時に市販で売られている洗剤を使用してもよいのですが、洗剤の代わりに重曹水やセスキ水もおすすめです。アルカリ性なので油に反応して汚れを落としてくれます。また、化粧落しの要領で使用済みの食用油を使ってこするのと効果的です。そして、多くの方が換気扇の掃除をする時は年末の時期にやりますが、気温が高い夏場の方が油汚れが溶けやすく掃除がしやすいのでおすすめです。